長期優良住宅

まるハウジング - 丸山工務所

お問い合わせ 025-752-7622 お気軽にお問い合わせ下さい。

資料請求

木造パネル工法
  • 家づくりの流れ
  • 長期優良住宅について

まるハウジングでは、国の住宅政策として打ち出された「長期優良住宅先導的モデル事業(200年住宅)」に取り組んでおります。

長期優良住宅とは?

日本は世界一の長寿国。それにも関わらず、供給目的で安く簡単に建てられた戦後の日本の家は、築30年が平均寿命です。これは家を資産として考える、外国の家とは格段の差があります。
そこで注目されているのが「良い家をつくり、定期的なメンテナンスを行うことで、日本の家を200年住めるものにしていこう」という考え方。これからは強度に優れた骨組で家を建て、家の所有者が20年ごとにチェックやメンテナンスを行うことで、設備や内装を更新し、住まいの若返りを実現しようというものです。
長期優良住宅(200年住宅)は「200年もつ住宅」ではなく「200年もたせる住宅」を基本に考えられた、住宅行政のスローガンなのです。

長期優良住宅のメリット
国産材を100%使い、高機能で長寿命

長期優良住宅(200年住宅)の特長は、国産材を100%使った頑丈な構造躯体や、メンテナンスの容易性、省エネルギー性など、長く経済的な暮らしを前提に建てられることです。

建築費の一部が国から助成されます

そして、買い手にとっての最大のメリットは、このような基本的条件を満たしたプランで施工された住宅に対し、建築費の一部(最大200万円)が国から助成されること。また、住宅ローン減税(最大600万円)も見込まれます。
着工数に限りがあります。
長期優良住宅(200年住宅)は高性能で長寿命、しかも家計にも優しい家。まさに、未来を見据えた次世代のための住まいなのです。

ページ上に戻る